原因が特定しずらい腰痛って?

なんで“原因が特定しずらい腰痛”が8割もいるの?

昨日の投稿でどれくらいの人が腰痛に悩んでいるかはイメージができました。
最後に記載した、“原因が特定しずらい腰痛(非特異的腰痛)”が腰が痛い方の中で80%もいるということです。要は原因が特定できる腰痛は20%しかないということです。

この80%(所説あり60~80%程度と言われています)が全部原因がまったくわかないかと言われるとそうでもありません。

ようは・・・

レントゲン、MRIだけでは特定しずらいということです。

例えば腰部脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアという名前は少しずつポピュラーになってきましたよね!しかしながら脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア等はレントゲンやMRIで背骨や椎間板が変形しても強く症状が認められない場合、非特異的腰痛になってしまいます。
日本医療機能評価機構では①腫瘍②感染③骨折の状態であれば確定診断になる、それ以外は多くの場合“原因を特定できない腰痛”とみなされる傾向にあると明記しています。

他にも精神的な問題で痛みを助長する文献も多々あるため、メンタルの問題で腰痛があるという場合もあります(私は経験がありません)。

私は理学療法士ですので、骨折や腫瘍と診断されている方へ介入した経験が多くありますが、その何百倍も非特異的腰痛に対して介入した経験の方が多いです。

ちなみに脊柱管狭窄症はこんな感じでMRIに映ります。

椎間板ヘルニアはこんな感じです。

どちらもどの神経が圧迫されているかで変わりますが、主には痛みと痺れが出ます。

整形外科に受診すると基本的には痛みをとっていくことを優先するので、湿布やロキソニン等の痛み止めを処方されます。中には電気治療や腰の牽引等を実施するところもあると思います。

・関節が原因の腰痛

・筋肉が原因の腰痛

・心理的問題が原因の腰痛

もちろん考え方や論文、雑誌等をみるとそれ以外の分け方もありますが、多くは関節・筋肉(流行りの筋膜を含む)かそれ以外という形で分かれます。

実は理学療法士は関節、筋肉に関しては専門的に勉強しています!関節、筋肉であれば理学療法士の分野といっても良いかと思います!
次回は関節の具体的な原因はなにか?その対処法等をお伝えしていきます。