排便障害の1つである“便秘”

実は病名でもなければ症状名でもありません

便秘排便できずに大腸内に便が溜まった状態、快適に排出できない「状態名」と言われています。その原因は様々であり原因や状態に合わせて介入していく必要があります! 皆様は訪問看護について医療処置や利用者様の体調が悪くなった場合に提案さると思いますが、体調が悪くなる「前に」介入することにより重症化することを防げることが多いです! その中でも「便秘」に青葉リハ訪問看護ステーションは特化しています!体験、相談はいつでも大丈夫です!!いつでもご連絡ください!

便秘は4つのタイプに分けられ、それぞれ対応を変える必要があります

 

偏った食生活が要因の ≪食事性便秘≫

食物繊維や水分の不足から便が硬くなったり、脂質の摂りすぎで血流の停滞や腸内環境が悪化したりといった、食生活を主な原因とする便秘。食物繊維や発酵食品を意識して摂って腸内環境を整えるなど、食生活を見直すことが改善の近道となります。  

便意が生じず、停滞した便が硬くなる ≪直腸性便秘≫

便が直腸まで届いているのに便意が感じられず、そのままためてしまうことで便が硬くなって詰まっている状態です。便意を感じてもガマンすることを繰り返したり、加齢によって直腸の反射が弱くなることが主な要因。解消するには排便のリズムを作ることが大切なので、副交感神経が優位になっていて腸の働きが活発な朝のうちにトイレに行くことを習慣にしてください。

腸のぜん動運動が弱い「弛緩性便秘」

腸のぜん動運動がうまく機能せず、便をスムーズに送り出せなくなる便秘。筋力が弱い女性や高齢者に多く見られ、冷えによる腸の働きの鈍化が引き起こすこともあります。血流や腸の動きをスムーズにすることが大切なので、適度な運動を続けるようにしましょう。

メンタルが身体に影響を及ぼす「痙攣性便秘」

ストレスが引き金となる便秘で、大腸が過敏に反応する状態になっています。「便はなかなか出ないけれど、いざ出てみると下痢だった……」というときは、この便秘かもしれません。電車に乗っているときなど、すぐにトイレへ行けない状況だと、そのストレスで下痢の症状が出ることもあります。

サンプル文章

MESSAGE

サンプルの中見出し

見出し3のスタイル

本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。

本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。

見出し3のスタイル

本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。

本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。

見出し3のスタイル

本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。

本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。

サンプルの中見出し

見出し3のスタイル

本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。

本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。

見出し3のスタイル

本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。

本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。本文テキスト文章が入ります。